9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2018年05月24日
ブログ

和室から洋室に


最近の賃貸事情のひとつで、和室の人気低下があります。

40才代以下の大多数の方がお部屋探しの条件で、和室(畳)がない部屋がいいとおっしゃいます。

時代と共に住む人のニーズが変化しているので、部屋を貸す側の大家様もニーズに合った部屋に変化させていかなければなりません。

今回管理物件で退去した2DKの部屋も、1部屋が和室でしたので、大家様に洋室へのリフォームを提案させていただきました。

和室を洋室へリフォームしました

①畳を撤去して、15㎝幅のフロアタイルを貼りました。

②木目調の天井の溝を埋め、クロスを貼りました。

③木目が出ている木枠を黒で塗装しました。

④壁の1面にアクセントクロスを貼りました。

⑤元々床の間だった部分に、4枚の板を使って可動棚としました。

最下面を洋室の床に貼ったフロアタイルでつなげる事で、空間を広く見せます。

⑥襖と中段の棚を撤去し、上段の棚下にハンガーパイプを設置。

⑦クローゼット内の壁にアクセントクロスを施しました。

⑧折り戸を取り付けました。

洋室1部屋と和室1部屋の2DKから、洋室2部屋の2DKへとリフォームされ、その後程なくして内見したお客様から申し込みが入りました。

空室対策に効果的なリフォームのひとつです。

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward