9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2019年02月17日
ブログ

急に水道料金が上がったら

先日、賃貸管理物件の入居者様がご来店。

「水道検針の人から、今回の水道料金が前回の倍くらい増えていて、どこか漏水しているかもしれません。と言われました。」

との事で、すぐ一緒に自宅へ行き状況確認へ。

まず家の蛇口をすべて閉めて、トイレや給湯設備の水を使用していないことを確認します。

その状態で水道メーターのパイロットが回っていたらどこかで漏水している証拠です。

実際にパイロットはゆっくり回っていました。

こうなるとどこかで漏水しているのですが、まず初めに疑うのがトイレです。

最も多いのがトイレを流していないのに便器内で水がチョロチョロ出てる現象なのですが、今回はその症状はなし。

ですがトイレタンクの中を見てみると、下記の部分から水がポタポタ垂れ続けています。

とりあえずこれ以上はこちらで原因究明はできないので水道業者さんに状況を伝え、数時間後に来てもらいました。 

一通り状況確認をしてもらい、やはりトイレタンク内の部品老朽化による漏水が最も可能性が高いとの事で、まずボールタップフロートゴム玉を交換してもらいました。

交換後、水道メーターのパイロットは止まりましたので、やはりトイレタンク内での漏水が原因だったという事です。

これが床下に通っている給湯管などが漏水していた場合は、床を開けて配管を交換するなど大がかりな工事になってしまうので、結果的にトイレタンク内での漏水で助かりました。

今回のように設備不良などで漏水し水道料金が大幅に増えてしまった場合、水道業者さんが修理した内容を水道局指定の書面に記載し印鑑を押して送ると、漏水によって増えた水道料金を免除か後日返金してもらえるようになります。

入居者の方はこの書面を取り寄せることを覚えておいた方がいいですね。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward