9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2019年03月02日
ブログ

賃貸の更新契約

本日は賃貸の更新契約が3件ありました。

大抵の居住用物件は2年間で期間満了となり、続けて住みたい方は更新手続きをして再度2年契約をします。

弊社の場合、弊社事務所から物件がよほど遠い場合以外は更新手続きの際は借主様にご来店をしていただいております。

借主様とは最初の契約をしてから特に設備の不具合などがなくお部屋に行ったりする機会がないと、更新の時に2年ぶりにお会いする事になります。

するとだいたい更新時の挨拶は・・・

「お久しぶりです~。あれからもう2年たったんですね~。時間が経つのが早いですね~。」

となります(笑)

 
更新契約の手続きは下記の通りです。

①更新契約書に署名捺印

②火災保険申込書の記入(保険も2年契約の為)

③更新内容確認書の記入(借主や入居者の連絡先、勤務先に変更がないかを確認する為)

④更新費用の授受

 
手続き自体は15分もあれば終わりますが、その中で弊社が大事にしているのは借主様からお部屋で気になっている点を聞き出すことです。

たまにいらっしゃるのは室内の設備が老朽化で壊れかけているのに、それを言わずに我慢している方です。

 
弊社(管理会社)や貸主様からすれば、設備が老朽化などで通常通りに使えない状態であれば修理か交換するのは当然の事ですので、遠慮なく言ってほしいと考えています。

変に言いづらいとか面倒くさいと思われて不便な状態で住み続けてストレスを溜められるよりも、不具合があればすぐに直して借主様に気持ちよく長く住んでもらいたいと思うのが本音です。

ですので更新手続きで借主様とお会いする事は、お部屋の事や普段気になっている事を聞き出すにはいいタイミングなのです。

 
ただし設備の不具合があれば一度その状況を確認する為にお部屋に入らせていただく必要があります。

その為、部屋がきたなくて人に見られたくない人や、後ろめたい事がある人などは部屋に入られたくないという心理が働き、設備の不具合があってもあえて言わない傾向が強いですね。

それはそれである意味心配です・・・。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward