9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2019年03月14日
ブログ

排水トラップを潤す

賃貸の契約手続きが完了したあとにお客様からよくあるご依頼があります。

「家具の購入や配置を考えたいので、お部屋の採寸をさせてください。」

もちろん採寸は可能ですので、契約後に弊社立ち合いのもと物件の再内見をしました。


採寸中にお客様から言われた質問

「前から気になってたんですが、このペットボトルはなんですか?いろんな部屋の内見中によく見かけたんですが・・。」

確かに知らない方にとっては意味不明です。

けっしてゴミを置きっぱなしにしている訳ではありません。

このペットボトルはここに水を入れる為に置いてあります。

写真に写っているのは洗濯機置場の防水パンという設備ですが、その排水口には排水トラップという物が埋め込まれています。

排水トラップがある事でその奥につながっている配水管の臭いを塞いでいます。

その塞いでいるフタの役目をしているのが「水」です。


普段生活していると洗濯機を定期的に使用するので、常に排水トラップに水が溜まっており臭いがあがらないようになっています。

ただし空室の場合、洗濯機を使用しないので徐々に排水トラップ内の水が乾いてなくなってしまいます。

そうすると配水管のくさい臭いが部屋に充満してしまうので、それを防ぐ為に定期的に水を入れています。

その為のペットボトルです。


お客様に説明したらだいぶ「へ~」という感じでした。

私達からすると仕事上、見慣れた光景でしたがお客様からすると気になる事であったようです。


このやり取りで思った事は、もっとお客様目線で細部まで気を配らなければお客様の考えてることを共有できないと思いました。

不動産仲介業をサービス業と言うからには、今以上にお客様の考えている事を察していけるよう精進します。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward