9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2019年05月26日
ブログ

借地権付きマンションの売買契約

本日は仲介している中古マンションの売買契約でさいたま新都心駅へ。

物件は板橋区内ですが売主様側の不動産仲介会社様がこちらなので、買主様と一緒に伺いました。

すぐ隣にさいたまスーパーアリーナがあって、今日はジャニーズグループのライブだったらしく、周辺は若い女子たちで溢れかえっていました(笑)

今日、買主様が売買契約した中古マンションは借地権付きマンションです。


借地権付きマンションとは?

土地は地主さんが所有していて、その土地を借りて建てられたマンションの事です。


今回はそのマンションの1住戸をマイホームとして買主様が購入する為の売買契約でした。

そもそも前から借地権付きマンションに絞ってマイホーム探しをしていた訳ではなく、場所・間取り・設備・価格・管理規約が買主様の条件に合った物件がたまたま借地権付きマンションだったという事です。

借地権付きマンションとメリット・デメリット

メリット

①土地は所有しないので物件価格が所有権マンションよりも安い。

②固定資産税・都市計画税が建物だけに課税されるので安い。


デメリット

①地代がかかる。

②借地期間が決まっている。

③住宅ローンを組める金融機関が少ない。


メリットとデメリットの両方がありますが、購入者様の希望条件や考え方によっては借地権付きマンションがベストとなる事もあります。

例えば地代がかかるとしても物件価格が安いのであればトータル的には得になったり。

借地期間が決まっていたとしても、その期間が平均寿命より先であれば立ち退くリスクもなかったり。


マイホーム購入者様のライフスタイルや考え方によって購入の選択肢は広がります。

今回は買主様にとって希望条件がピッタリ合った物件でした。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward