9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2019年06月12日
ブログ

仲介手数料の+6万円って何?

不動産を売買した事のある方はおわかりかと思いますが、不動産仲介業者を介して成約した場合その仲介業者に仲介手数料を支払います。

そこでよくある仲介手数料の表示は・・

売買価格の3%+6万円+消費税となっています。

これは宅地建物取引業法で定められている上限額です。

そこで、3%はわかるが、+6万円って何?と思う方も多いと思いますが、これはしっかりと根拠のある金額なんです。


そもそも不動産売買における仲介手数料のパーセンテージは、全て成約価格の3%ではありません。

実際は以下の組み合わせとなります。

①売買価格の200万円以下の部分(200万円)・・5%

②売買価格の200万円を超える部分~400万円までの部分(200万円)・・4%

③売買価格の400万円以上の部分が・・3%


例えば、売買価格が3,000万円の仲介手数料の場合

①200万円×5%=10万円

②200万円×4%=8万円

③2,600万円×3%=78万円

①+②+③=96万円(税別)


上記が正式な計算式なのですが、これを簡略化した速算式が売買価格×3%+6万円となります。


ちなみに売買価格3,000万円で計算をしてみると・・・

3,000万円×3%=90万円

90万円+6万円=96万円(税別)

答えが同じになりますね。


そしてこの速算式は売買価格が400万円以上の場合に限ります。

売買価格が400万円未満の場合は売買価格×4%+2万円が速算式となります。

+6万円の意味、おわかりいただけましたでしょうか?



ここでひとつ実務に絡む話です。

近年、不動産投資が活発化し一般の方々も条件の良い収益物件を買おうと物件情報の収集に必死です。

実際、弊社でもたまに収益物件の売却を売主様から依頼され、比較的条件がいい物件ですとインターネットに掲載すると、その日か次の日には数件の問い合わせメールや電話があり、その後すぐに買付申込書が入るくらいのスピード感です。

それぐらい収益物件を買いたい方が多いという事です。

そこでその競争に勝つための一つとして、情報源となる不動産仲介業者を味方に付けることです。


不動産仲介業者も仕事ですから当然条件の良い買主様にいい情報を優先的に紹介したいという心理が働きます。

その心理をうまく利用して下記の一言を言ってみてください。

「仲介手数料は3%+6万円+消費税をしっかり払います。」

これだけで不動産仲介業者の印象に残り、今後いい物件が出た時に優先的に情報を紹介してもらえる可能性が高まります。

機会があったらお試しください。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward