9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2018年06月12日
ブログ

ときわ台「舟蕎山」の天せいろ

ときわ台に評判のいいお蕎麦屋さんで舟蕎山(せんきょうざん)というお店があります。

板橋区内では割と珍しい高級路線のお蕎麦屋さんです。

今まで行ったことがなく前から気になっていたので、今回ランチで食べに行ってきました。

外観の雰囲気から本格派の蕎麦が出てくるのを想像できます。

場所は東武東上線「ときわ台駅」北口から上板橋駅方面に歩いて約2分くらいです。

店内はテーブル席、カウンター席、お座敷があります。

木のぬくもりがあり窓の外に竹も見えて、ちょっと旅館っぽい落ち着いた空間です。

全席禁煙なので清潔感もあります。

舟蕎山さんのこだわりがホームページに書いてあったので抜粋します。


そば粉は北海道産、茨城産等丸抜きを取り寄せて、二八蕎麦としてコシがあり角が立つおそばを目標に毎日打っているそうです。

石臼(いしうす)は現在では希少な天然の「蟻巣石」を使用しているそうです。
蟻巣石とは名前のごとく、蟻の巣状に石に溝や穴が入っており長時間石臼を回すと出る熱を放熱する石として、石臼には最適とされている石です。

鰹節は「本枯本節二年物」を使用。
熟成と乾燥が非常に進んでいるため、旨味が凝縮している蕎麦つゆに最適とされる節を毎朝削り必要な分だけつゆを採ります。
水は蕎麦打ちにも使用する水です。大型業務用浄水器を使用し、くせのない出汁が採れるようにしているそうです。

天せいろを食べてみた

今回は、天せいろを注文しました。

まず見た目がきれいなのでそれだけで食欲をそそります。

舟蕎山(せんきょうざん)のせいろ
舟蕎山(せんきょうざん)のせいろ
舟蕎山(せんきょうざん)のせいろ
天然海老2本・舞茸・茄子・シシトウ
天然海老2本・舞茸・茄子・シシトウ
天然海老2本・舞茸・茄子・シシトウ

天ぷらは注文をもらってから揚げ始めるこだわりようで、天然海老の衣サクサク、中身プリプリの食感が最高においしいです。

塩でも天汁でもいけますね。

メインの蕎麦はいうと、素人の私でもわかるくらいコシがあって歯ごたえがあります。

これが手間暇かけた蕎麦なんだなぁと勝手に評価してました。

食後にそばぼうろが出てきます

「食後にどうぞ。」という事で、お菓子のそばぼうろ蕎麦茶が出てきました。

ちょっとした心配りが嬉しいですね。

料金は少し高いですが、食べ終わった後にそれ相当の美味しさを感じられたので、個人的には満足です。

ときわ台駅周辺に住んでいて、美味しい蕎麦をつまみにお酒を飲みたいなんて人に最適ですね。

あと接待とかにも良さそうです。ごちそうさまでした。


手打そば 舟蕎山(せんきょうざん)
東京都板橋区常盤台2-1-17
電話:03-5392-5733
営業時間 昼11:30~14:30 夜18:00~20:30
定休日:月曜日、日曜日の夜

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward