9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2019年07月20日
ブログ

相続税対策とは

昨今、相続税対策といえば賃貸マンションを建てる事が主流となっています。

ではなぜ賃貸マンションを建てることが相続税対策になるのか、わかりやすく書いてみようと思います。

まず相続税対策とは、国に納める相続税を減らす為の対策です。

相続税=相続税評価額×税率です。

よって相続税評価額を低くする事が、相続税を減らす事につながります。

例えば、相続財産が1億円の場合


①現金1億円

相続税評価額:1億円


②1億円で土地を購入し、駐車場として運営

→路線価方式により土地の評価額が下がる

相続税評価額:7,000万円


③1億円で土地を購入し、さらに1億円借り入れして賃貸マンションを建てる

→土地が「貸家建付地」になり、土地の評価額がさらに下がる。約5,700万円

→建物は「貸家」の評価となり、建物の評価額が下がる。約3,300万円

→土地5,700万円+建物3,300万円-借入金1億円

相続税評価額:-1,000万円



上記はおおまかな試算ではありますが、要は相続財産は現金より不動産にした方が相続税が安くなるという事です。

このような悩みができるようになりたいものですね・・。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward