9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2017年01月03日
ブログ

賃貸仲介店舗に求められる事

今年1回目の全国賃貸住宅新聞から興味深い記事がありました。

Q1.仲介店舗スタッフから最も聞きたい情報

1位:物件や設備のスペック・・49.7%

2位:近隣住人の情報・・20.3%

3位:街や商店街などの周辺環境・・18.2%

 
1位と3位はお客様から聞かれなくても不動産会社から積極的に話すべきだと思います。

2位の「近隣住人の情報」は確かにたまに聞かれる事はあります。

ただしこの情報は管理している物件でないとわからない事が多く、客付側仲介の立場の場合、元付側仲介(管理会社)に聞きはしますが、個人情報なので教えてくれないケースが多いです。

このような情報を聞きたいお客様は隣の住人の詳細情報を知りたい訳ではなく「だいたいどんな方が住んでるのかな?」くらいで聞く方がほとんどです。

弊社では状況に応じて単身、夫婦、兄弟、親子くらいの情報をお伝えして安心していただいています。

Q2.スタッフの接客が原因で断る理由

1位:押しの強い営業・・22.3%

2位:言葉づかい・・18.1%

3位:物件の提案が少ない・・12.8%

 
1位と2位は同業の私でも嫌ですね。

不動産業界はこれでイメージを悪くしています・・。

3位の「物件の提案が少ない」については不動産会社側もたくさん紹介したい気持ちはありつつ、初めお客様の希望条件の理想が高すぎて、該当する物件が少ないという現実もあります。

 
不動産会社側としては接客の中でお客様の希望条件に優先順位を付けてもらい、妥協できる条件を緩和してもらえるような提案力・会話力が必要になりますね。

Q3.仲介店舗に提供してほしいサービス

1位:インフラの開通手続き(ガス・電気・水道)・・25.9%

2位:特になし・・22.8%

3位:引越しの相見積もり・・18.8%

 
1位の「インフラ開通手続き」は引っ越しする時に当然自分で行うものだと思っていましたが、こういうのも手伝って欲しいというニーズがあるのは勉強になりました。

ただし現実的には電気・ガス・水道の開始手続きは、本人が連絡しないと受け付けてくれない場合が多いです。

そんな中でも不動産会社がお客様にもっとインフラ手続きをしやすくする為の工夫の余地はありそうです。

 

お客様の求めている事は何かを知り、それに応えられるサービスをこれからも追及していく会社で在りたいです。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward