9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2016年06月28日
ブログ

住民票の除票

先日お話しした孤独死の件で、亡くなった借主様が加入していた保険会社や保証会社へ残置物撤去費用や原状回復費用の申請をするにあたり、死亡を証明する書類として住民票の除票を取得する為に区役所に行ってきました。

住民票の除票を取得すると死亡の場合、そこに○年○月○日死亡と記載されているのでこれが証明となります。


住民票は本来、本人か本人と同世帯の人しか取得できません。

それ以外の人が取得したい場合は委任状が必要になります。

ですので今回のように一人暮らしで亡くなってしまうと当然委任状などはありません。


このような場合、以下の手続きをすると他人でも住民票の除票が取得できます。

①申請用紙に除票の取得理由と、除票の提出先を記入する。

→もちろん記入できます。


②死亡した借主と、貸主や不動産会社との関係がわかる書類を提出する。

→賃貸借契約書があれば、3者の名前が明記されています。


③死亡した借主と、除票の提出先との関係がわかる書類を提出する。

→保険会社は保険加入申込書、保証会社は保証委託契約書があります。


④申請に来た人の本人確認できるものを提出する。

→運転免許証などで大丈夫です。


これで申請はできて、あとは待つだけです。


ただしひとつ懸念事項があります。

この区役所で除票が取得できるのは、死亡した借主が生前に住民登録をこの区に移している場合に限ります。

もし住民登録がこの区にない場合、ここでは住民票の除票は取れない事になります。

たまに引っ越しても住民票を移動しない人とかも結構いますから少し不安でした。


そうこう考えているうちに自分の番号札が呼ばれ・・・

無事に除票は取得できました。

とりあえずひと安心です。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward