9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2019年11月16日
ブログ

学生さんの部屋探し

今年もこの時期がやってきました。

学生さんの部屋探しの時期です。

推薦入試の早い大学だとこの時期から合格発表が出始めます。


本日弊社にも、今年1組目の来年新入学生さんの問い合わせがありました。

だいたい連絡があるのは学生さん本人ではなく親御さんで

「実は息子・娘が○○大学に合格しまして、3月から住める物件を探しています。」

とご連絡を頂くことが多いです。

このように部屋探しのお問い合わせを頂けるのはとてもありがたいのですが、ひとつ問題があります。

部屋を借りるお客様としては子供の学校も決まったし、入学まで時間があるうちに早めに部屋探しをして良い物件を確保しようと考えています。

さらに住むのは3月下旬からなので、家賃の発生日は3月下旬ごろからにして欲しいとも思っています。


ところが賃貸の現状は、今現在募集している物件(即入居可能)を気に入って申し込みをしても、家賃発生を3月ごろまで待ってくれる物件はほとんどありません。

なぜなら貸主様もすぐに住める物件ならなるべく早く家賃発生をさせたいからです。

都内では、入居申し込みをすると2~3週間後から家賃発生というのが一般的ではないでしょうか。

貸主様がかなり譲歩しても家賃発生を引っ張れるのはせいぜい1ヶ月後ぐらいまでです。

早めに動いて良い物件を確保したいという借主様の気持ちはすごく理解できるのですが、2ヶ月や3ヶ月も家賃発生が開始できないのは貸主様も受け入れて頂けないので、毎年このジレンマをお客様に理解して頂くにはとても神経を使います。

 
結果、部屋を借りる方はどうすればよいか?

①どうしても良い物件を抑えたいのであれば早めに部屋探しを始めて、気に入った物件があれば契約をする。

おそらく家賃発生は希望の3月までは待ってくれないので、契約してから入居までの家賃は住んでなくても払うことになります。

 
②どうしても入居予定の3月から家賃発生させるように契約したい場合は、入居希望日の1ヶ月前ごろから部屋探しをしてください。

そこで気に入った物件があって申し込みをすると、大体入居希望日ごろからの家賃発生が可能となります。

ただし入居する日が迫っているので迷っている時間はありません。

限られた時間の中で、その時募集されている物件の中から選ばなくてはならないので決断力が問われます。



これからお部屋探しを始める新入学生様へ弊社からのアドバイスとしては・・

3月中旬入居を希望している場合、1月ごろまではインターネットで不動産サイトを見て住みたい場所にある物件の賃料相場を把握する。

併せて必要な設備の優先順位をつける。

2月に入ってから実際に不動産会社に行って興味のある物件を内見し、気に入った物件があれば入居申込みをする。

仮にそこで気に入る物件がなければ、2月下旬までは探せる期間があるので他の物件を内見する事もできて焦らずに理想的の部屋を見つけられると思います。

お部屋探しは計画的に(笑)

 
ちなみに弊社では日本大学の医学部(板橋キャンパス)帝京大学の医学部・薬学部等(板橋キャンパス)に通う学生さんからよくお部屋探しのご依頼をいただきます。

もしよろしければ何なりとご相談ください。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward