9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2019年12月26日
ブログ

エントランス扉のフロアヒンジ交換

管理している賃貸マンションに、オートロック式のエントランス扉があります。

横のオートロック操作盤で開錠したら手動で開閉するタイプの扉です。

扉を開けて入館した後は扉が自動的にゆっくり閉まり、電子錠がロックをかける仕組みになっています。


この扉が数年前からゆっくり閉まらず、勢いよくバタンッと閉まるようになっていました。

このまま使用していると繰り返し電子錠に衝撃が加わり、故障の原因になるとの事なので対策をする事に。

この勢いよくバタンッと閉まる原因は、扉の下にあるフロアヒンジの老朽化です。

そこで今回、フロアヒンジの交換工事を業者に依頼しました。

フロアヒンジとは

フロアヒンジとは、ドアの軸下の床に埋め込まれている扉の開閉スピードを制御する装置の事です。

バネオイルダンパーが内蔵されていて、バネが扉を閉める力を生み出し、オイルダンパーでその力を制御しています。
 
このフロアヒンジが老朽化してくると、油圧でバネの力を制御出来なくなり、扉の閉まるスピードが速くなり過ぎてしまいます。 

その他フロアヒンジ本体やケースが腐食して浮き上がってしまうと、扉自体も押し上げられて、扉と上枠が接触して扉が閉まらない、開かない、などの症状が起きる場合もあります。

フロアヒンジの交換

まず扉を外します。

エントランスの扉はかなり重さがあるので2人で作業をします。

オートロックの場合、扉枠と扉が電気配線でつながっているので、扉を外す為に電気配線を一時的に断線します。


作業時間は想定外の事がなければ約2~3時間くらいで完了します。

今回の工事によりエントランス扉が正常にゆっくりと閉まるようになりました。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward