9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2020年06月26日
ブログ

宮本町「ヒグベーグル&カフェ」

板橋区宮本町にあるHIGU BAGEL&CAFE(ヒグベーグル&カフェ)さん。

石臼挽き小麦を使用して湯だね製法で作ったもちもちベーグルの専門店です。

看板横にあるベーグルオブジェが目印です。

場所は都営三田線「板橋本町駅」から徒歩10分で、富士見街道(SB通り)沿いにあります。

お店に入ると正面にカウンターがあり、メニューを見ながら店員さんに注文とお会計をします。

テイクアウト・イートインどちらもできます。

すでに作られた商品もあります。

季節限定のベーグルもありますね。

HIGU BAGEL&CAFE(ヒグベーグル&カフェ)さんのメニュー

ベーグルの種類も選べます。

ヒグベーグルさんのベーグルを食べてみました

ごまや玄米など和を中心とした17種類の雑穀を配合した17穀ベーグル。

1口食べてまず思ったのが、ベーグルのモチモチ感がハンパないです。

噛んで引きちぎるようにするぐらい粘りが凄い。

アボカドとシュリンプの相性も抜群です。

サラダセットのサラダも結構ボリュームがあります。

ほうれん草が練り込まれたポパイベーグル。

素材の繊維質が味わえるベーグルだそうです。

これまであまりベーグルを食べた事がなかったので、ベーグルって無味でパサパサしているイメージがありました。

ですが実際に食べてみると、結構しっとりしていてベーグル自体にもしっかり味が付いているんですね。

とにかくめちゃくちゃ美味しいです!

店内を見渡すと、黒板にメモ書きのようなものがたくさん貼られています。

店員さんに聞いてみると、いつからかベーグルを食べたお客さんが御礼や感想を書いていくようになったんだそうです。

小さいお子さんが一生懸命書いた感想とかを見るとちょっと感動します。

店員さんも驚いたというのが、外国人のお客さんまでもが感想を書いてます!

しかも日本語が大変お上手!

世界に通用するベーグルですね(笑)

他のメニューもテイクアウトしました

人参たっぷりでスパイスもほんのり感じます。

くるみやレーズンも入っていて食感も楽しめます。

手土産にもおすすめだと思います。

かぼちゃペーストが練り込んであっていい香りです。

パンプキンシードの食感がアクセントになっていてあっという間に完食しました。


最後に店名の「ヒグベーグル」の由来について聞いてみると、オーナーがヒグチさんだからということでした!

なんとなく予想してたとおりでした(笑)


おいしいベーグルを作り続けて地元に愛されている素敵なお店です。

一度食べるとベーグルの概念を変えてくれると思いますよ。

HIGU BAGEL&CAFE(ヒグベーグル&カフェ)
東京都板橋区宮本町36-3
営業時間
9:00~19:00
定休日:火曜・第1第3月曜
Facebookはこちら
Instagramはこちら
Twitterはこちら

※記事は掲載時の内容ですので、その後変更されている場合もあります。

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward