9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2020年07月29日
ブログ

ときわ台「ビストロ ラ ノブティックB」

板橋区常盤台1丁目にあるフランス料理店 Bistro LA NOBOUTIQUE-B(ビストロ ラ ノブティック B)さん。

もともとこちらのお店のすぐ近くに、Patisserie LA NOBOUTIQUE(パティスリー ラ ノブティック)という洋菓子店があります。

そのお店の2店舗目としてオープンさせたので、店名の最後に「B」と付いているそうです。

ちなみに下赤塚駅の近くに「C」もあるそうです。

場所は東武東上線「ときわ台駅」北口から徒歩2分。

店内はテーブル席とカウンター席があり、ウッド調のインテリアで統一されています。

曲線状のカウンター席がおしゃれです。

ビストロ ラ ノブティック-Bさんのメニュー

ビストロ ラ ノブティック-Bさんの料理を食べてみました

サクサクした心地よい食感。

プリプリした弾力ある真鯛。

グラスの底にグレープフルーツの果肉、上にずわい蟹のほぐし身が惜しげなく盛られています。

想像できない組み合わせでしたが、とても相性が良かったです。

ブルゴーニュルージュレピエールブランシュ

店員さんが今回の料理に合ったワインをご提案してくれました。

濃厚なウニソースがたっぷり!

残ったウニソースはバケットに付けて食べましょう。

ジューシーな羊肉で、添え物も抜かりなく美味しいです。

ナイフでサクサク切れる柔らかさ。

数種類のケーキの中から好きな2種類のケーキを選ぶ事ができます。

ランチもやってます

ずわい蟹とアスパラが入ったトマトスパゲッティ。

他のお店のパスタより少し量が多い気がします。

赤々とした濃厚なトマトソースで、口の中が酸味で広がります。


料理のクオリティもさることながら、店員さんのホスピタリティの高さに感動しました。

タイミングの良い料理提供や声掛けによって、とても心地よい食事ができます。


お店のマネージャーさんの話によると、お店近くに住んでいる方の来店が多いとの事。

記念日の食事だけでなく、家族や友達などが普段の外食としても来てもらえるよう、アットホームな雰囲気を大切にしているそうです。


ちなみに店名のノブティックとは、オーナーの名前の一部の「ノブ」と「ブティック」を併せた造語なんだそうです。

印象に残る店名ですね。

Bistro LA NOBOUTIQUE-B
(ビストロ ラ ノブティック-B)

東京都板橋区常盤台1-7-8 それいゆ常盤台106
電話 03-6279-8003
営業時間
昼 11:30~15:30
夜 17:30~22:00
定休日:水曜、第2・4の火曜
Facebookはこちら
Instagramはこちら

※記事は掲載時の内容ですので、その後変更されている場合もあります。

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward