9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2020年11月13日
ブログ

焼肉キャンプ板橋高島平店

2020年7月、板橋区高島平4丁目にオープンした焼肉キャンプ 板橋高島平店さん。

『キャンプ』の要素を取り入れた焼肉店で、外食チェーン店を展開しているゼンショーグループの新業態のようです。

キャンプと聞いてなんだかワクワクさせられるお店です。

場所は都営三田線「新高島平駅」から徒歩10分。

お店の敷地内に駐車場もあります。

店内は明るいウッド調の内装で、随所にキャンプ用品が飾られています。

コールマンチェアのテーブル席もあります。

これはキャンプの臨場感が出てますね!

こちらは一般的なテーブル席。

席と席の間にある白いレーンから、注文した料理や飲み物が流れてきます。

ソフトドリンクはドリンクバーコーナーで作ります。

焼肉キャンプ板橋高島平店のメニュー

メニュー表を見ながら、実際の注文はテーブルに置いてあるタブレットから行います。

まずはビールで乾杯!と思って頼んだビールが大きい!!

通常サイズの2.5倍あるそうです。

とりあえず肉を何種類か注文。

タンも大きい!

ここまでは一般的な焼肉屋さんと同じ感じ。

普通に美味しいです。

串に刺さった鮎が出てきた!

川でよく食べるやつです!

チーズとベーコンの燻製!

アルミパックを被せたまま、強火で3分置いておけば完成です。

木製の宝箱がやってきて、開けると中にカルビ、ランプ、上ハラミ、黒牛カルビ、中落ちが入ってます。


これは動画でお楽しみください。↓

宝箱を開けると、白い煙が広がって肉が姿を現すという演出。

若干煙が少なかったような...(笑)

テーブルにIHヒーターがあり、ここに飯盒を置いてご飯を炊きます。

操作方法は簡単ですが、店員さんに聞いても丁寧に教えてくれます。

炊きあがって蓋を開けてみると、炊きたてのいい香りが漂います!

自分で作る工程がある分、おいしさもアップしますね。

みんなで同じ火を囲み、豪快に焼いた肉と、飯盒で炊いたご飯を食べて語り合う。

本当にキャンプ場に来てると錯覚しそう!

ポップコーンも飯盒で作ります。

出来上がり直前、飯盒の中でポンポンはじける音が聞こえてくるとワクワクします。

出来上がったポップコーンを紙皿に移して完成。

つまみに最適です。

マシュマロを串に刺していき...

刺したマシュマロをあぶって焼き目をつけます。

この作業が楽しいですね。

スコップの形をしたスプーンも含めて見た目がかわいらしい!

中身はしっかりパフェです。

「日常を冒険に」というお店のコンセプト通り、普通の焼肉では味わえない非日常を体験できるお店でした。

子供も大人も楽しめると思います。


本当のキャンプもいいですが、身近で手軽にキャンプの雰囲気を感じたい時は高島平に行くのもありですね。

焼肉キャンプ 板橋高島平店
東京都板橋区高島平4-1-20
営業時間 11:00~24:00(金土のみ 11:00~翌1:00)
Instagramはこちら

※記事は掲載時の内容ですので、その後変更されている場合もあります。

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward