9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2021年01月30日
ブログ

トイレの便座を温水洗浄便座に替える

先日、管理物件の1部屋が退去しました。

単身者向けの1Kタイプのお部屋で、また入居募集をおこないます。

この部屋は今回解約した人が入居する前に結構内装工事をした部屋でした。

ですのであまり手を加えるところはないのですが、少しでも早くこの部屋を借りる人に気に入ってもらえるよう、今回はトイレの便座を温水洗浄便座に交換することにしました。

一般的な洋式トイレです。

ひと昔前まではこのようなトイレが普通だったのですが、近年では温水洗浄便座が付いているトイレがだいぶ増えてきました。

新築の物件はほぼ標準仕様で付いてます。

築年数の経った物件でも、部屋が空いたタイミングで温水洗浄便座に交換している物件もあります。

要は何もしていないと、いつの間にか他の物件より設備が劣ってしまっているという事です。

温水洗浄便座は家電量販店やネット通販で15,000円~30,000円くらいで購入できます。

便利な機能がたくさん付いている高いものもありますが、単身者用賃貸物件に付ける便座は、便座が温かくなって、お尻を温水洗浄できれば十分です。

電気を使うのでトイレ内にコンセントがある事が条件になります。


今回はパナソニック製のビューティ・トワレ DL-ENX10に交換しました。

インターネットで賃貸物件を検索する不動産ポータルサイト上でも、条件検索の項目に温水洗浄便座があるくらい人気の設備のひとつです。


都内では供給過多と言われるくらい単身者向け賃貸物件は増えています。

その中でご自身が所有している部屋を気に入ってもらう為の、効果的な空室対策のひとつです。



ちなみに温水洗浄便座の事を全て『ウォシュレット』と言う人がいますが、ウォシュレットとは、TOTOが販売する温水洗浄便座の商品名なんです。

ですのでTOTO以外のメーカーの場合、温水洗浄便座の事をウォシュレットとは言いませんので気を付けましょう。

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward