9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2021年02月02日
ブログ

ゴミ置場に防犯カメラを設置

賃貸管理しているマンションの敷地内にゴミストッカーがある物件があります。

ここでは年に何回かですが、ゴミ捨てに関する問題が起きます。

①分別されていないゴミが捨てられる。

②粗大ゴミが処理手続きをされずに出される。

どちらもゴミ収集車が回収してくれません。


この問題でやっかいなのは、上記のようなゴミを出したのが建物の入居者なのか、外部の人なのかがわからない事です。

どちらの人が捨てているのかわかれば、それなりの対応策や予防策が立てられるのですが、今まではその前で行き詰まっていました。


そこで大家様と話し合い、防犯カメラを設置する事に。

防犯カメラを設置するにあたり以下の点を気を付けました。

①まずはゴミストッカーがしっかりと映る位置につける。

②壊されたりしないように簡単に手が届かない位置につける。

③防犯カメラが付いている事を意識させて悪質なゴミ捨てを未然に防ぐ為に、あえて目に付く位置につける。

建物共用部の倉庫内にハードディスクとモニターを置いて、ここで過去2~3週間分の映像を確認できます。

ゴミストッカーの側面には目立つように『防犯カメラ作動中』の掲示物を貼りました。

こちらも犯人探しを好んでしたい訳ではないので、とにかく「防犯カメラがあるから悪質なゴミ捨てはできないな」と思ってくれればいいと考えていました。


ですが防犯カメラを設置して約1ヶ月後...

清掃員から「粗大ゴミがゴミ処理券を貼ってないで捨てられてます。」との連絡がありました(涙)


残念ながら防犯カメラの映像を確認する事に。

するとこの未手続きの粗大ゴミを捨てていった人がバッチリ映ってましたね。

色々調べた結果、捨てた人は近所に住んでる人だと判明したので、きっちり粗大ゴミを家の前に戻させてもらいました。

不法投棄は許しません。

防犯カメラを付けてもこのような悪質なゴミ捨てが起きてしまった事は残念でしたが、防犯カメラがあったからこそ問題が解決できたのは良かったです。

ゴミ捨ての問題で悩まれている大家様は、防犯カメラの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward