9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2018年08月15日
ブログ

上板橋「安ざわ食堂」の新潟長岡らぁめん

2018年4月、上板橋に新潟長岡らぁめん安ざわ食堂さんがオープンしました。

板橋区内で長岡ラーメンが食べられるお店というのも珍しいと思います。

外から店内の様子が見えるので初めての人でも安心感がありますね。

場所は東武東上線「上板橋駅」北口から徒歩で約7分です。

東武練馬駅方面へ進み、ファミリーマートやまいばすけっとがある交差点を右手前に曲がるとお店があります。

お店の前にある置き看板です。

安ざわ食堂さんはラーメン屋さんですが、店内の雰囲気はラーメン屋さんというカフェっぽい感じです。

テーブルとテーブルの間隔が広くとられていて、小さい子供がいる家族でも入りやすそうです。

注文は店内の右にある食券機で食券を購入します。

安ざわ食堂のラーメンを食べてみた

安ざわ食堂さんの看板メニューでもある生姜醤油らぁめんを注文。

ナルト、岩海苔、ほうれん草、メンマ、チャーシューが乗っています。

チャーシューは一般的なラーメンより量が多い気がします。

生姜醤油のラーメンってあまり食べる機会がありませんでしたが、生姜の風味が醤油スープとぴったり合っていて絶妙な味でした。

まさに懐かしさと新しさの共存といった感じでとてもおいしいです。

最近濃厚スープのラーメン屋が多く、一度は食べに行っておいしいと思うのですが、味が濃いので頻繁に食べに行こうという気がなかなか起きません。

ですがこちらの生姜醤油らぁめんは、昔ながらのラーメンに生姜でひと工夫した控えめなラーメンなので、味に飽きず、また次も食べたいと思ってしまいます。

そして一緒に注文したのが玉子かけごはん(略してTKG)。

店主の実家でもある新潟県産コシヒカリのふっくらご飯の上に玉子がドンッです。

海苔と細切れのチャーシューが乗っているひと工夫も嬉しいですね。

豚バラ肉、メンマ・岩のり・玉ねぎみじん切りが入っています。

見た目は油が強めのスープに見えますが、実際に飲むとまろやかなスープです。

個人的には玉ねぎのみじん切りが食感の良いアクセントになって食べ飽きないです。

店主さんはもともとラーメン屋で働いていて、勤続10年の区切りで独立。

ご出身が新潟県長岡市で、ご両親が営業されていたラーメン屋の長岡ラーメンを自己流にアレンジした新潟長岡らぁめんをたくさんの人に食べてもらいたいそうです。


他にも気になるメニューがあるので再訪しながら食べてみたいと思います。

新潟長岡らぁめん 安ざわ食堂
東京都板橋区上板橋3-20-8
営業時間
昼(月~金)11:30~14:00 (土・日・祝日)11:30~16:00
夜(月~金)17:00~22:00 (土・日・祝日)17:00~20:00
定休日:木曜日

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward