9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2021年03月11日
ブログ

北海道ジンギスカン「大山のおやじ」

板橋区大山町にある本格北海道ジンギスカン「大山のおやじ」さん。

練馬駅近くにある人気店で本格北海道ジンギスカン「おやじ」の2号店です。

2021年2月にオープンしました。

場所は東武東上線「大山駅」南口から徒歩7分。

ハッピーロード大山商店街の出口から少し歩いたところです。

インパクトのある「おやじ」の文字!

店内は全てテーブル席で、テーブルをくっつけたり離したりしていろいろな人数に対応できます。

北海道ジンギスカン「大山のおやじ」のメニュー

ジンギスカンの食べ飲み放題コースもあります。

「大山のおやじ」のジンギスカンを食べてみました

北海道限定のサッポロクラシックがここで飲めるってだけで気分が上がります。

鍋がセットされて、ラム肉と野菜が出てきました。

これが2人前です。

こちらのお店ではラム肉は肩ロース(チャックロール)を使っています。

これがお店の秘伝のタレ。

練馬本店にいるオーナー様のお父様が作ったタレだそうで、そのレシピを見て今も引き継がれています。

中央に肉、まわりに野菜を次々と乗せていきます!

いい感じに焼けてきました!

まず1口いただくと...


分厚いのに柔らかい!

ラム肉特有の臭みなど全くなく、焼いても鮮度の良さが伝わります!

秘伝のタレは結構濃いめですが、これがまた肉にピッタリです。

定番の1品小鉢。

違う肉を食べたくなったらラムタンもあります。

コリコリしていい食感!

塩で食べると最高です。

鮮やかな赤身が半解凍状態で出てきました。

口の中で冷たい赤身が溶けていく食感がたまりません。

秘伝のタレを混ぜたお茶漬けです。

肉、肉、野菜、肉、野菜できた最後の締めはこれで決まりです。

店長の岡田さん。

この日はワンオペで忙しそうでしたが、丁寧な接客が印象的でした。


店名の「おやじ」というのは、練馬本店にいる店主さんのお父様(北海道出身)の事だそうです。

お父様の遺品の中からタレのレシピが出てきて、このタレをこれからも受け継いでいこうという意味で「おやじ」と命名したそうです。

本場北海道のジンギスカンを食べられる楽しみなお店ができましたね。

本格北海道ジンギスカン 大山のおやじ
東京都板橋区大山町55-1
営業時間 17:00~
定休日:火曜
Instagramはこちら

※記事は掲載時の内容ですので、その後変更されている場合もあります。

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward