9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2021年05月27日
ブログ

蓮根「ロジャースキッチン」

板橋区蓮根1丁目にあるROGER'S Kitchen(ロジャース キッチン)さん。

スリランカ出身のオーナー、ロジャーさんが作るモダンスリランカ料理を食べられるお店です。

2020年10月にオープンしました。

場所は都営三田線「西台駅」A口から徒歩12分、「蓮根駅」西口から徒歩13分です。

首都高の高架下から一本入った道沿いにあります。

店内は高級ホテルのレストランのような品のある雰囲気。

スリランカ産の紅茶の茶葉も置いてあります。

落ち着いて食事が楽しめる空間。

記念日や特別な日に行ってみたくなりそう。

グランドピアノもあって、時折ライブディナーショーも行われたりするそうです。

ロジャースキッチンさんのメニュー

どれも紅茶とデザートが付きます。

※緊急事態宣言中はお酒の提供はできません。

ロジャースキッチンさんのランチを食べてみました

まずおしゃれなティーカップに注がれた紅茶が出てきます。

さすがスリランカ紅茶。

気持ちが落ち着きます。

大きい骨付きラム肉のインパクトがすごい!

ラム肉は子羊の肉。

羊と言うと独特のにおいが苦手という人もいますが、こちらでは血抜き処理を骨まで徹底的にしていて、臭みなどは全くなし。

フォークやスプーンでラム肉を骨から剥がそうとすると、ホロホロと簡単にほぐれる程の柔らかさ。

あっという間に太い骨を丸裸に!

お米はバスマティライス。

ほぐしたラム肉と混ぜ合わせて食べます。


重なり合うスパイスがラム肉とライスにピッタリでとんでもなく美味しい...

さらにお皿に散りばめられたナッツやカレーリーフも混ぜると、食感のアクセントがとても心地いいです。

大満足の一品。

カレー界のニューフェイス。

しっかりと作り込まれた肉、野菜、豆がライスの上で色鮮やかに盛り付けられています。

混ぜながら食べるのがスリランカ式。

いろいろな香辛料を使っているので、食べる場所によって味の変化が楽しめます。

左がシナモンのケーキ。

右がココナッツクリームのプリン。

甘さで口の中を中和してくれます。

オーナーのロジャーさん。

出身のスリランカから日本に来て32年、日本語ペラペラです。

西麻布でハラル対応の焼肉店を23年経営していたそうで、そこでの経験と知識を生かして今回、板橋区蓮根でスリランカレストランを開業しました。

ロジャーさんが目指すスリランカ料理は『モダンスリランカ』

他でよくあるカレーを中心としたスリランカ料理とは異なり、素材の良さを引き出す為の手間暇をかけたワンランク上の料理を提供します。


スリランカ料理は香辛料を生かして健康になる料理なので、ひとつひとつの香辛料にこだわりがあり、お客様にはそこを感じてほしいとおっしゃっていました。

板橋区内で採れた野菜も積極的に料理で使用していて、これからは地域との繋がりを大切にしながら、新しい料理やイベントも企画していくそうです。


食に対して熱い想いを持ったロジャーさんが作るモダンスリランカ料理。

食べてみてください。

ROGER'S Kitchen(ロジャース キッチン)
東京都板橋区蓮根1-12-12
電話 03-6454-5765
定休日:火曜
Facebookはこちら

※記事は掲載時の内容ですので、その後変更されている場合もあります。

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward