9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2021年06月23日
ブログ

赤塚2丁目「Tombo(とんぼ)」

板橋区赤塚2丁目にある Tombo(とんぼ)さん。

鎌倉野菜を使った創作料理が食べられるお店で、2021年5月にオープンしました。


外装には華美な装飾はなく、全面ガラス扉で店内の様子が見える作り。

下赤塚駅から延びる『赤塚一番通り商店街』の中でも際立ってセンスのいいお店です。

場所は東武東上線「下赤塚駅」北口から、赤塚一番通り商店街を進んで徒歩2分。

デザイン性のある看板。

店内にはカウンター席。

1人分のスペースが広く取られているので落ち着きます。

そしてテーブル席もあります。

店内もなかなかのおしゃれ具合なんですが、店主さんが約3ヶ月かけて内装工事をしたそうです。

Tombo(とんぼ)さんのメニュー

Tombo(とんぼ)さんのディナーを食べてみました

お店の雰囲気にピッタリのグラス。

野菜は鎌倉野菜にこだわっていて、店主さんが3日に1回くらいのペースで鎌倉に行って仕入れているそうです。

キタアカリという品種のジャガイモ。

ホクホクした食感がとてもいい。

豚肉と大根の相性が最高です。

食欲をそそる色とりどりの野菜と魚介。

塩味と旨味を含んだスープも最高です。

ハーブの香りが口の中で広がります!

酸味のあるソースと細麺パスタが程よく絡み合っておいしいです。

ガーリックと唐辛子が効いていて、お酒に合う一品。

店主の金子 銀次さん。

下赤塚は慣れ親しんだ地元だそうで、そこでお店をオープンされました。

イタリアンを得意としているそうですが、今後はもっと幅広いジャンルの料理も出していきたいそうです。


店名のTombo(とんぼ)の由来を聞いたところ...

『魔女の宅急便』に出てくるトンボ(男の子)が好きで付けたそうです。

ちなみにルパン三世のルパンと、シティーハンターの冴羽 獠(さえば りょう)も好きだそうです(笑)


お店の売りである鎌倉野菜を使った料理はとても美味しく、お店の雰囲気もおしゃれで、「ここほんとに下赤塚?」と思ってしまいそうな素敵なお店でした。

PayPayも使えますよ。

Tombo(とんぼ)
東京都板橋区赤塚2-10-16
営業時間
ランチ  不定期(インスタでお知らせしています)
ディナー 17:00~
定休日:日曜
Instagramはこちら

※記事は掲載時の内容ですので、その後変更されている場合もあります。

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward