9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2021年09月06日
ブログ

浴室の交換リフォーム

管理しているマンションの1部屋が退去となり、次の募集に向けてリフォームを行ないました。

その中のひとつで『浴室の交換』を実施。


浴室の交換はリフォームの中でも工事代が高めになりますが、建物や部屋の特性を考慮して家賃アップが見込めると貸主様が判断し、今回実施する事になりました。

60㎡の2LDKで、2~3人で住む事が想定され、追い焚き機能が付く事で物件の競争力が高まります。

浴室としてはまだ使用できるのですが、築30年の建物なのでタイル張りの壁が古さを感じさせます。

そして追い焚き機能も付いていません。

既存の浴室を解体するとこんな感じになります。

追い焚き機能付きの浴室にする際に気を付ける事は、浴室と給湯器をつなぐ給湯配管の他に、追い焚き配管を追加しなければなりません。

この追い焚き配管は一般的には床下に通すので、その床も一度開口する事になります。

要するに浴室と給湯器の位置によっては、床の張り替え工事も必要なんですね。


今回は浴室と給湯器の間がリビングだったので、リビングの床を一度剥いで、追い焚き配管を通した後に、上から新しいフロアタイルを貼りました。

そして給湯器も追い焚き用給湯器に交換します。

そしてリフォーム後の浴室がこちら。

TOTOのリモデルバスルームWHシリーズ(1216サイズ)。

リフォーム前の浴室と比べて格段にスタイリッシュになりました。

壁は汚れが付きにくく落としやすい『HQパネル』。

床は水が引きやすい『カラリ床』です。

お金がかかる分、見た目でも違いがはっきりとわかるくらいバリューアップしています。

内見するお客さんの反応もかなり良くなります。

浴室交換工事を発注する際、いくつか選択する箇所があります。

まず浴室扉の形状です。

一般的な扉タイプか、折り戸タイプにするか。

折り戸タイプにした方が扉の可動範囲が狭まり、浴室内を広く使えて利便性が高まります。

よってせっかく浴室一式交換するのであれば、折り戸タイプにした方がいいと思います。

片手で湯量や温度が調節できるサーモスタット式混合水栓にして、も設置。

入浴用品を置ける収納棚カウンターもあると便利です。

追い焚き機能付きの浴室にしたので、このような給湯リモコンも付きます。


一概に浴室交換と言っても、その中でいろいろな選択肢があり、それによってリフォーム代が大きく変わります。

例えば今回は付けませんでしたが浴室換気乾燥機を付けたりもできます。


このような選択は、賃貸オーナー様や管理会社がよく物件の特性を見極めて、費用対効果を考えたうえで判断する事が大切だと思います。

あくまで賃貸経営におけるリフォームの目的は、希望する家賃を得る為の投資だという事です。

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward