9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2018年09月04日
ブログ

新板橋「さかな家 喜三郎」ランチ

新板橋駅の近くにあるさかな家 喜三郎さん。

店名と店構えからして、寿司屋か海鮮料理屋かなと思いランチがやっていたら食べようと思い、近づいてみると・・。

まさかのサンドイッチのランチでした!

場所は都営三田線「新板橋駅」A3出口から中山道を渡り、左に曲がってすぐ右側にあります。

お店の壁に貼られていたお知らせをみると・・

さかな家 喜三郎が作る自慢のランチ サンドイッチセット 900円


写真を見た感じ、喫茶店とかで出るサンドイッチとは違うなと思い、興味本位で入ってみました。

店内は高級料理屋という雰囲気で、店主さんもそれっぽい風貌です(笑)

第一印象はカウンターのテーブルがとにかく重厚感があって高級そう。

実際にかなり高価な大理石なんだそうです。



地元の方はご存知かもしれませんが、前のお店が「さかなやST」という居酒屋さんでした。

そしてその前は「さかな家 喜三郎」だったので、今回は2017年6月に復活したという事になります。

実際どういった料理が出るかというと、夜から魚介を中心とした和洋食コース料理を、予約制で提供されているそうです。

価格帯はコース料理5,000円位+お酒代だそうです。


そんなさかな家喜三郎さんがなぜランチでサンドイッチを始めたかというと・・。

夜の料理で使っていたタルタルソースに毛蟹の身を混ぜて出したところ、お客様から「このソースをサンドイッチとして食べてみたい。」と言われ、試しに作って食べてみたら美味しかったので2018年4月から始めたそうです。

6種類のサンドイッチから4種類を選んで注文します。

足りなければ1種類100円で追加ができ、テイクアウトもできるようです。

さかな家 喜三郎のサンドイッチランチを食べてみました

今回は『毛ガニと玉子』、『マグロツナ』、『エビ』、『スモークサーモン』を注文。

スープは青海苔が入っていて潮の香りがします。

ラタトゥーユは確かサービスだったと思います。

一般的なサンドイッチは食パン2枚で具を挟むと思いますが、こちらのサンドイッチは元々厚めの食パンに切れ目を入れて具が入っています。

これにより食べた時に具がこぼれたりしないので食べやすかったですね。

しかも食パンを少しトースターで焼いていて、こういうひと手間が素敵です。


そして何より具の食材が豪華です。

サンドイッチランチを始めるきっかけになった毛ガニ入りの玉子サンドは確かにうまい!

マグロツナも風味が抜群!

エビはプリプリ!

大満足なサンドイッチでした。

結局残り2種類のサンドイッチも追加で注文してしまう始末に・・(笑)

『タラフライ』、『ラタトゥーユ(今回特別)』

セットにコーヒーもついているので食後に頂きました。

豆にもこだわりがあって美味しいコーヒーでした。

店主さんはとてもお話し好きな方で、お店にいた小一時間で店主さんの半生が大体わかりました(笑)

メインは夜の料理ですが、予約制でやっているので少し敷居が高いと思うお客さんもいるので、まずはランチでお店を知ってもらえればという事です。

久しぶりにおもしろいランチを食べさせてもらいました。

さかな家 喜三郎
東京都板橋区板橋4-4-3
電話: 03-6260-8781
営業時間
昼(平日:11:00~14:00、土・日・祝日:10:30~14:00)
夜:17:30から(前日までの予約制)
定休日:月曜

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward