9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2018年09月12日
ブログ

実は便利!幸町・中丸町・南町

板橋区には幸町(さいわいちょう)・中丸町(なかまるちょう)・南町(みなみちょう)という地域があります。 

この地域は最寄り駅が東武東上線の「大山駅」になるのですが、駅からの徒歩分数が近いところで約8分、遠いところで約15分かかってしまう場所です。

また駅から歩くと途中で川越街道を渡らなければならないので、大山駅周辺に住みたいという人でも、川越街道を渡らない範囲(徒歩約7分圏内)で物件を探す人も割と多いです。

よって幸町、中丸町、南町は、初めて大山駅周辺で物件を探す人にとっては敬遠されがちな場所になっています。

赤丸のある地域が幸町・中丸町・南町です。


ですが板橋区の大山で長く不動産業をしている弊社は、実はこの地域がとても住みやすくて便利であることを知っています。

住みやすい理由① 池袋へ行くための利便性が良い

まずは池袋へ行くための利便性が良いという事です。

確かに大山駅までの距離は若干遠いですが、この地域には国際興業バスが走っています。

バスというと、待ち時間が長いと思われる方も多いですが、こちらのバスは普段、約10分に1本のペースでバス停に到着します。

そしてさらに便利なのが「南町住宅」というバス停には、池袋駅西口に行くバスが要町循環熊野町循環という2通りあることです。

左の赤丸が要町循環のバス停、右の赤丸が熊野町循環のバス停です。

要は「南町住宅」のどちらかのバス停でバスを待っていると、西側から要町循環のバス、東側から熊野町循環のバスが来ることになります。

約10分に1本ペースのバスに対して、2方向どちらのバスにも乗れるので、5分に1本ペースでバスに乗れる事になります。

どちらに乗っても約13分くらいで池袋駅西口に到着します。

これだったらわざわざ大山駅まで行って東武東上線で池袋駅に行くよりも、待ち時間の少ない国際興業バスに乗って池袋駅に行くほうが時間的にもだいぶ早いですね。


またもし池袋駅東口に行きたい場合は、川越街道沿いに国際興業バスの池袋駅東口行きがありますので、それに乗ると便利です。

この辺の主なバス停は「中丸町坂上」「熊野町」です。

住みやすい理由② 生活用品を買えるお店が充実

実は幸町・中丸町・南町の地域には買物ができるお店が意外とあるんです。


 スーパー 

①コモディイイダ幸町店(9:00~22:00)

②ビッグ・エー板橋中丸店(24時間営業)

③ビッグ・エー山手通り中丸町店(24時間営業)

④マルエツ池袋店(24時間営業)

⑤アコレ板橋幸町店(7:00~23:00)


 ドラッグストア 

①どらっぐぱぱす大山幸町店

②スギドラッグ板橋幸町店

 
これだけお店があるので、この地域のどこに住んでいても徒歩10分以内でスーパーに行けます。

しかも24時間営業のお店があるのも嬉しいですね。


このように一見不便に思える地域でも、その場所をよく調べてみると意外と住みやすい場所だったりします。

板橋区の事、大山の事、なんでも聞いてください。
この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
arrow_upward