9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2018年09月19日
ブログ

中板橋のカフェ「ワンルームコーヒー」

場所は中板橋なのに、お店に入ると中目黒?と錯覚しそうなおしゃれなカフェ、1 ROOM COFFEE(ワンルームコーヒー)さん。

地元の人はもちろん、遠方からも評判を聞きつけて来る人がいるくらい人気のあるお店です。

外観も超シンプル。強い主張や押し付け感がないのも逆に安心感を受けます。

場所は東武東上線「中板橋駅」北口を出て、左へ30秒くらい歩いたところにあります。

お店の窓に近づいてみるとさりげなく店名が出ていました。

控えめなセンスが光ってますね。

店内は、店名のワンルームと言われる通りお店全てを見渡せる空間になっています。

白い壁と天井にウッド調の床、そしてイス・テーブル・カウンターも木製で統一されていて落ち着いた雰囲気が漂います。

お店に入ったらまずカウンターでメニューを見ながら注文をします。

ちょっと気になったのが商品名がカタカナの他に英語でも書かれている事。

後でわかったのですが板橋区では珍しく?欧米のお客さんもよく来るんですね。

そんな雰囲気のカフェなんです。

1 ROOM COFFEE(ワンルームコーヒー)でくつろいでみました

1ROOM COFFEE(ワンルームコーヒー)さんの1番人気メニューはあんバタートーストで、これをお目当てにくる人も多いみたいです。

厚めに切られた食パンにアンコとバターが乗っていて、パンの中まで染み渡るように表面に切れ目が入っています。

カリカリのパンの耳トーストにもアンコやバターを付けて食べます。

甘さ控えめなアンコがパンにピッタリ合いますね。

この日のジャムはブルーベリージャムで、不定期でジャムは変わるみたいです。

とにかくパンがモチモチのサクサクで、男女問わず好まれそうな気がします。

どのトーストを頼んでもハチミツを出してくれるので、お好みでかけられます。

もちろんドリンクも充実していて、コーヒーは1杯ずつ豆を挽いているこだわりようです。



こちらのお店は店主さんがひとりでやられているようですが、すごくテキパキと調理をこなしながら、お客さんへの気配りも怠らず、時には会話も楽しむという魅力がある方です。

以前は新宿・渋谷・恵比寿などのカフェで勤めていたこともあるそうで、そういうところにあるおしゃれなカフェが自分の住む街にあればいいなと思い開業されたそうです。


1 ROOM COFFEE(ワンルームコーヒー)さんに行って感じた事。

お店は基本的に落ち着いた静かな雰囲気で、お客さんもその空間を望んで来ている感じです。

1人か2人で読書・書き物・ひと休みで来る人が多いような気がします。

その中で店主さんがほとんどの人に一言二言軽く話しかけていて、自然とコミュニケーションをとっています。

しかもその声掛けは、お客さんにとって煩わしさを感じさせない絶妙な距離感があるので、すごく心地よかったりします。

おそらく一度このお店に行った人は、また行きたいと思ってしまう魅力のあるカフェだと感じました。

中板橋の周辺に住んだら癒しの場として行ってもらいたいお店のひとつです。

1 ROOM COFFEE(ワンルームコーヒー)
東京都板橋区中板橋29-10
営業時間 平日10:30~20:00 土日10:30~17:30
定休日:不定期

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward