Tel: 03-5917-4533
9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2018年02月07日
ブログ

管理を受託した後の仕事


2月から賃貸管理を受託した賃貸マンションがあります。

賃貸管理が変わるという事は、多かれ少なかれ課題があるものです。

今回も大家様から期待されて管理を委託されたので、その課題を一つずつ改善しなければなりません。

ゴミ置場の改善

まず気になったのがゴミ置場です。

この物件では今まで敷地の端に、なんとなくこの辺がゴミを捨てるスペースという地べたに、入居者がゴミを置いていました。


これによる弊害が以下です。

カラスや野良猫に袋を破かれゴミが散乱する。

外部の通行人もここにゴミを捨てていく。

清潔感がなく見栄えが汚らしい。

無法地帯なので分別されていないゴミも増える

これを改善するために大家様と相談し、ゴミストッカーを設置しました。

ゴミストッカーも調べると金額がピンキリだったので、希望のサイズに近くてなるべく安いものを選びました。

物代+組み立て代で7万円代でしたね。

大きさもちょうど良いし、何より見た目が綺麗になりました。

入居者様の印象度もだいぶ変わると思います。

粗大ゴミの撤去

もう一つ課題だったのは粗大ゴミです。

過去に敷地内に捨てられた粗大ゴミが、そのまま駐輪場の端や避難階段に放置されていました。

こういうのもそのままにしておくと、入居者がここに粗大ゴミを捨ててもいいと思って、さらに増えてしまう恐れがあります。

よってこれを機に粗大ゴミを撤去する事に。

粗大ゴミ受付センターに連絡し、有料シールを貼って敷地前にまとめました。

これで共用部がすっきりしました。


共用部の乱れは建物の価値の低下につながります。

内見するお客様も共用部の状態を見て、この建物は管理が行き届いているかどうかを判断しています。

これによって空室が成約するかしないか決まるのであれば、共用部の清潔感を維持する行為はとても大切な仕事の一つです。

「共用部の清潔感」「賃貸管理の質」は比例するのではないでしょうか。


この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
    subdirectory_arrow_right

    関連した記事を読む

    store

    板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

    株式会社アメニシティ
    株式会社アメニシティ
    arrow_upward