9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2018年12月22日
ブログ

バスケB3リーグ「東京エクセレンス」の試合を観戦しました

2018年12月21日に、板橋区をホームとするプロバスケットボールチーム「東京エクセレンス」の試合を観戦してきました。

初めてのバスケットボール観戦は、迫力ある熱いプレーを間近で見られてとても楽しい時間でした!

ホーム会場となる小豆沢体育館は、都営三田線「志村坂上駅」A3出口を出て徒歩6分です。

普段は一般開放もされている小豆沢体育館が、プロリーグの試合会場っぽく演出されています。

館内も東京エクセレンスのクラブカラー「緑」が印象的です。

今回はコートサイド指定席という席だったのですが、すぐ目の前がコートなので選手との距離がとにかく近い!

試合前のセレモニーで、マスコットキャラクター「tex(テックス)」君が寄ってきた(笑)

試合前の練習でテックス君カットイン

東京エクセレンスの選手入場!

試合開始!

今日の対戦相手は大塚商会越谷アルファーズ。

現時点でB3リーグの1位と2位同士の首位決戦です。

スピード感がハンパないです!

アリーナMCの竹本タクシーさんがノリのいい実況をしていて、合間に選手名やバスケルールも解説してくれるのでとてもわかりやすいです。

やはり外国人選手はデカくて迫力があります。

しかもそれでいて意外と俊敏なんです(笑)

3ポイントシュートも良く入るんですよねぇ。

さすがプロ。

今のバスケは10分を4回に分けたクオーター制です。

自分が子供のころは前後半で2回に分けていたと思いますが、ルールが変わったみたいです。

観客からすると集中力が続いて飽きなくていいと思いました。

ハーフタイム中には、東京エクセレンスの公式チアリーダーズ「エレガンス」が会場を盛り上げます。

後半の第3クオーター、第4クオーターも、一進一退の白熱した試合が繰り広げられていました。

試合終了が近づくにつれて、東京エクセレンスのシュートが決まった時の歓声が凄かったです。

これがホームチームの利点ですね。

最後は80対72で東京エクセレンスが勝利しました!

(左)ライアン・ステファン、(右)ジョーダン・フェイゾン、この2人この試合大活躍で一気にファンになりました。

あと51番の田口 暖 選手はチーム最年少でキャプテン。しかもイケメン。要チェックです。

2016年から始まったBリーグですが、各チームとも観客増員の為にさまざまな取り組みをしていると思います。

今回初めてB3リーグを観戦しましたが、東京エクセレンスも試合前、試合中、試合後に観客を楽しませるような工夫がいくつも見られました。

そして観客も東京エクセレンスの事を本気で応援しているように見えました。

板橋区を拠点とする東京エクセレンスが、これからもっと地元に愛されるチームになってほしいです。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
arrow_upward