9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2017年06月26日
ブログ

寝台特急サンライズ出雲に乗ってみた

2017年6月23日(金)、友人と島根県・鳥取県へ旅行の為、寝台特急サンライズ出雲に乗ってきました。

サンライズ出雲は東京駅から出雲市駅(島根県)を約12時間かけて走る寝台特急列車です。

今回は出雲市駅より4つ手前の米子駅(鳥取県)で降りるので約11時間の電車旅です。

夜9時40分の東京駅のホームにサンライズ出雲が入ってきます。

向かいのホームはJR東海道本線で、ちょうど会社帰りの方々が多くいる時間帯なので、日常と非日常が交じり合った妙な光景です(笑)

車体の上部が紅色、下がベージュで「夜明け」をイメージしているそうです。

2階式になっている寝台の窓も見えていざ乗り込みます。

列車の扉が開いてすぐの部分。

寝台へ続くスペースとの間に間仕切り的な扉があります。

寝台へつながる通路。

幅は広くないので人がギリギリすれ違えるぐらいです。

各部屋ごとに電子ロックキーがついており、施錠時には任意の4桁番号と#を押し、解錠時にはその4桁番号を押します。

今回はBソロ(B寝台1人用個室)の2階が自分の部屋です。

1階よりも2階の方が若干天井高が高いです。

サンライズ出雲に乗ると決まった時から事前調べでわかった事。

まず列車に乗ったらすぐにシャワーカード販売機でシャワーカードを買っておいた方が良いとの事です。

これがシャワーカードで320円。1枚で6分間シャワーが利用できます。

カードにサンライズ出雲の外装やロゴもデザインされており、電車好きなら使用した後も記念に持っておきたいと思えるかもしれませんね。

シャワールームの脱衣場です。

ドライヤーや鏡も付いています。

これがシャワールームです。

右側に使用可能分数が表示されます。

シャワーの使用ボタンと停止ボタンがあるので、停止ボタンを押すと使用可能分数も止まります。

東京駅から乗って2時間以内は利用希望者が多く、並んで待つ事もあるそうなので、今回は比較的空いている朝方に使用しました。

運行中のシャワーは結構揺れるので、手すりをうまく使って転倒しないように気を付けましょう。

ソフトドリンクの自動販売機もあります。

ちなみにサンライズ出雲の車内ではお酒や食べ物は販売していないので、東京駅で列車に乗る前に買い揃えておく事をおすすめします。

洗面台もあり、ここで歯を磨いたり、コンセントもあるので持参したドライヤーも使えます。

サンライズ瀬戸とサンライズ出雲の切り離し作業

翌朝6時30分ごろ、岡山駅に到着です。

ここではちょっとした名物作業があります。

今まで1号車から7号車のサンライズ瀬戸と、8号車から14号車のサンライズ出雲が連結して運行していましたが、岡山駅で列車が切り離されて行き先が別々になります。

その切り離される瞬間を撮影しようと乗客が一旦ホームに出て集まってきます。

いざ切り離し!作業は5分くらいで終わります。

 
ここでもう一つの楽しみは朝ご飯の駅弁です。

普通なら岡山駅に着いたらホームにあるキヨスクにダッシュして買うのもいいのですが、停車時間も短く慌ただしいので、数日前にお弁当屋さん(みよしの)で予約するのがいいみたいです。

実際に予約の電話をし、日にち・名前・電話番号・乗る号車・弁当の種類・個数を伝えると、当日、ホームに配達の人がお弁当を用意してくれていました。

これは便利ですので事前予約おすすめです。

そして今回注文したのは「みよしの」ベストセラー駅弁『桃太郎の祭りずし』1,000円

よく見ると入れ物が桃の形をしています。

色とりどりの具だくさんで味も見た目の楽しませてくれる駅弁です。

その後もサンライズ出雲は鳥取・島根方面へと走ります。

東京駅から乗った時には夜なのであまり外の景色は見えないのですが、この時間になると車窓からの景色が楽しめます。

車内にはこのようなミニラウンジもあり、複数人で乗っている場合、ここに集まって飲食したり会話したりできます。

また窓も大きいのでじっくり景色を見たい人もここがおすすめですね。

出発から約11時間かけてとうとう米子駅に到着しました。

これだけ長時間一つの電車に乗っていたのは初めてですが、寝台列車とあって車内で寝たり、飲食したり、シャワー浴びたり、景色を見たりしていると、あっという間に目的地に着いてしまった感覚です。

今回、東京と島根・鳥取を結ぶ寝台特急サンライズ出雲に乗った事はなかなか良い思い出になりました。

もし次回また乗るとしたら、今回の部屋よりも上のグレードの部屋を予約してみたいと思います。

この後、鳥取観光、島根観光と続きます・・。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward