9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2016年08月12日
ブログ

30年後の事はわかりません

先日のヤフーニュースでこんな記事がありました。

「家賃保証」アパート経営、減額リスクの説明義務化  


地主様に対して建築系不動産会社が

「ご所有の土地に賃貸マンションを建てて、部屋を30年一括借上げ致します。」

「大家様は30年間安定した収益を得られますよ。」

と言って、数年後に

「周辺の賃料相場が下がったので、借上げ賃料を減額してほしい。」

「減額に応じられなければ、これ以上借上げを続けることができない。」

という一方的な通告に対して大家様が

「聞いていない。契約違反だ。」

と反発するトラブルが急増し、国土交通省が「将来は家賃が減る可能性がある」との説明を賃貸住宅管理業者に義務づける制度改正を決めたというニュースです。

私もお付き合いのある地主様から

「30年一括借上げってどうなの?」

というご相談をよく受けます。

不動産業に従事している者からすると、そんなにうまい話はないと思っています。


そもそもこのような提案をする不動産会社の最大の目的は、建物の建築受注を取る事です。

建築受注を取りやすくする為の材料として、建てた建物を一括借上げ(サブリース)すると言っているようなものです。

よって建築の受注金額だけでこの事業の利益はほぼ確保されていて、サブリースはおまけみたいなものなので、赤字になりそうなら手を引くのは当然です。

その事からサブリースで大家様が得をする可能性はかなり低いです。


それと5年後の賃料相場がどうなっているかもわからないのに、30年後の賃料相場なんて誰もわかりません。

なぜそれを保証しますと言えるのか不思議でしょうがありません。


どんな商売でもそうですが、リスクや手間を自分で負わず全てを外注すると儲けは少ない(もしくはない。)という事です。

たまたま相続で土地を得た人でも、そこから賃貸経営をすると決めたら片手間でできるものではないと思った方がよいです。


当然すべて自分でできるものではないので、要所で協力してもらう業者(入居者募集・管理・督促など)は必要になりますが、その中で業者が言っていることを精査できるだけの知識が必要だと思います。

安定した賃貸経営を実現するには大家さんも日々勉強ですね。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward