9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2019年10月23日
ブログ

最近の保証会社事情

11月から新たに賃貸マンションを管理をさせていただく事になりました。

借主様の契約状況を確認していると、保証会社に加入している方が全体の半数以上いました。

近年は連帯保証人を立ててもらうより、保証会社に加入してもらう方が貸主にとっても安心なので、入居募集の条件としている物件も増えています。

一概に保証会社と言っても全国に数多くの会社があり会社によって保証内容が様々です。


最近の保証会社が保証してくれるものは以下の通りです。

①毎月の賃料・管理費

②毎月の変動費(貸主が立て替える水道代等)

③更新料

④退去時のハウスクリーニング代

⑤借主過失による原状回復費・修繕費

⑥契約解除から明け渡しまでに要した訴訟費用

⑦残置物の撤去費用

 
これらの債務を借主様が払えない、払わない場合、保証会社が代わりに貸主様に払ってくれるので、貸主様にとってお金に関するリスクはほぼなくなります。


そして数年前から普及してきたのが保証会社による口座振替プランです。

従来は借主が貸主又は管理会社の指定口座に賃料を振込むのが主流でした。

そして期日までに口座へ入金がない場合、貸主や管理会社が保証会社に立て替え依頼の申請をする事務手続きが必要でした。


それが保証会社の口座振替プランができた事により、毎月27日に借主の口座から賃料の引き落としがかかります。

ここで家賃の引き落としができてもできなくても、月末には必ず保証会社から貸主又は管理会社の口座へ賃料が振り込まれるというスキームになっています。

 
これにより貸主は毎月入金があったかどうかを心配する事なく、また保証会社に立て替えの申請手続きをする必要もなくなります。

 
逆に保証会社も借主の口座振替が完了しなかった場合に、すぐに督促をする事ができて業務の効率化につながっているそうです。

 
保証会社業界内の競争により保証内容は今も進化していますので、大家様や賃貸管理会社は常に情報収集をしていくべきだと改めて思いました。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward