9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2021年03月07日
ブログ

鏡にウロコ状の水垢を付けない方法

先日入居者さんが退去した賃貸物件の浴室。

鏡にウロコ状の水垢がびっしり付着して、自分の姿がよく見えない状態です。

入居者さんも不便を感じてたのではないでしょうか。


そもそもこの汚れの原因は何かというと、水道水の成分です。

水道水の中には、カルシウム・ケイ素・マグネシウム等のミネラル成分が含まれています。

鏡についた水滴が乾燥するとそのミネラル成分だけが残り、結晶になってこびりつきます。

これがウロコ状の汚れ、水垢の正体です。

鏡だけではなく、水栓も同じように水垢汚れが付着すると光沢が薄れてきます。

このように水垢汚れが付着してしまった場合は、鏡のうろこ落とし用品がたくさん売っているので、それらを使用すれば大体は綺麗になります。

ですが、そもそもは日々の簡単なお手入れさえしていれば、このような水垢だらけの鏡にはなりません。


その簡単なお手入れとは...

毎回お風呂あがりに鏡や水栓についた水滴を取り除く事です。


水滴を付いたままにするからミネラル成分が結晶になってこびり付くので、水滴をなくせば水垢汚れは付きません。

具体的には、浴室に拭くものや水切りワイパーを置いといて、毎回お風呂あがりに鏡や水栓の水滴を拭き取ったり、はじいてください。

ほんの数十秒でできます。

この習慣によっていつまでも綺麗な鏡や水栓を維持できます。


新居に引っ越したばかりの人や、ウロコ落としで鏡や水栓を綺麗にしたばかりの人は、参考にしてみてください。

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward