9:30~18:30
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2019年09月16日
ブログ

退去した部屋がヤニ部屋

昨日は賃貸の退去立ち合いがありました。

契約年数6年の法人契約でしたが、入居者だった従業員さんが退職の為、部屋も解約となりました。

先月から管理している物件でしたので、契約前の状態はわからずに訪問したところ・・

久しぶりのヤニ部屋でした(涙)

6年間ばっちりタバコを吸ってた感じの黄ばみ具合。

壁に何かを貼っていた跡もくっきり残るほどですね。

残念な事にこの部屋はロフトもあって、ロフト部分の壁・天井も全てヤニにまみれてしまいました。

こうなると室内全体のクロス交換は必須で、ロフト分の面積が増えて内装工事代金も増えそうです。

ここで気を付けなくてはならないのは、次の募集の際にタバコの臭いを残さないようにする事です。

見た目がきれいになっても内見をしにきたお客様が部屋に入った瞬間、タバコの臭いがしたらまず決まりません。


クロスを全面張り替えることで約8割臭いはなくなりますが、残りの2割をどこまでなくせるかが重要です。

床、建具、キッチンに臭いが染みついたから交換するというのは、費用が高くなるので現実的に難しく、そこはハウスクリーニングで頑張ってもらいます。


ポイントは電気のスイッチプレートやコンセントプレートで、これにもヤニの黄ばみと臭いが染み込んでいます。

今はクロスも黄ばんでいるのでプレート自体の汚れがあまり目立たないのですが、クロスを張り替えてプレートだけを残すとプレートの黄ばみがより一層目立ちます。

さらに臭いも取り切れず、内見する方に好印象を与える事ができなくなります。


この場合、スイッチプレートやコンセントプレートなどは1個数百円程度の物なので、壊れていなくてもクロス交換と同時に新品に交換してしまうべきですね。

そしてどうせ交換するなら下記のようなワイドスイッチに変えて高級感を出すのも差別化のひとつです。

とにかく今の状態では内見があっても申し込みが入るのは厳しいです。

1日も早く内装工事を手配して綺麗な部屋にしたいと思います。

板橋区に地域密着の不動産会社 株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ

【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
arrow_upward