9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2020年06月06日
ブログ

中板橋「焼鳥酒場 鶏のから騒ぎ」

2020年5月、板橋区弥生町にオープンした焼鳥酒場 鶏のから騒ぎさん。

なかなかインパクトのある店名ですね(笑)

ファサードのデザインも凝っていて、一目で何屋さんかわかる工夫がとても感じられます。

場所は東武東上線「中板橋駅」南口から徒歩10秒くらいで、ほんとに駅前です。

店内はテーブル席とカウンター席があり、壁際にはたくさんの焼酎が並んでいます。

奥にもゆったり座れるテーブル席があります。

鶏のから騒ぎさんのメニュー

注目すべきは焼酎の種類の豊富さです。

これだけの種類が揃っているお店はあまりないのでは?

同じレモンサワーでも5種あります。

料理の種類はあまり多過ぎずに選びやすかったです。

鶏のから騒ぎさんの料理を食べてみました

お通しが凝っていて、ビールジョッキも大きめです。

特殊な調理を施し鮮度の高い状態で提供できるそうです。

柔らかくてとてもおいしいです。

お酒が進みます。

部位によっていろいろな食感が楽しめます。

ジャガイモが大きくて結構お腹に溜まります。

最近はやりのチャレンジハイボール

2つのサイコロを振って、ゾロ目ならジョッキ1杯無料出た目の合計数が偶数ならジョッキ1杯半額出た目の合計数が奇数なら倍額(大ジョッキ)

さらに店長のこー爺さんにちなんで、5と4が出たら1杯無料だそうです(笑)

結果、一番出したくない奇数を出してしまい、大ジョッキが出てきました...。

ランチも食べてみました

こちらのお店は夜だけでなくお昼も営業しています。

お酒も飲めるようです。

限定50食で、曜日ごとに塩味か醤油味を食べられます。

国産若鶏の胴ガラをふんだんに使用して炊き出し、鶏本来の旨味を濃縮した濃厚鶏白湯スープに、店主こだわりの高加水熟成中華麺を合わせた自慢の1杯だそうです。

とってもスープが濃厚です。

麺にもよく絡みあっという間に完食してしまいました。

鶏そばだけでは足りない人におすすめです。

お店のメインである大山鶏(だいせんどり)は、鳥取の養鶏場から24時間以内に届くので、鮮度の高いお肉をお客さんに提供できるそうです。

将来的には「毎日オープンしているこども食堂」を開く夢もあるそうです。

中板橋にまた魅力的なお店ができました。

焼鳥酒場 鶏のから騒ぎ
東京都板橋区弥生町31-15
瀬戸ビル1階
営業時間
昼11:00~14:00
夜16:00~22:00
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
代表:山田耕路さんの開業ブログはこちら

※記事は掲載時の内容ですので、その後変更されている場合もあります。

板橋区に地域密着の不動産会社
株式会社アメニシティ

【公式】賃貸・売買ホームページ
【大家様向け】賃貸管理ホームページ

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward