9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2020年08月07日
ブログ

坂下2丁目「城北交通公園」

板橋区坂下2丁目にある城北交通公園は、ミニSL・蒸気機関車・都バスが展示されている珍しい公園です。

さらに交通資料館があったり、三輪車・幼児用補助つき自転車の貸し出しもしていて、乗物好きの子供におすすめです。

場所は東京都板橋区坂下2-19-1。

都営三田線「蓮根駅」から徒歩5分のところにあります。

公園内に駐車場はなく、周辺にコインパーキングが数ヶ所あります。

城北交通公園の見どころ

北側の入口から公園内に入ると何か見えてきます。

ベビーロコ号はドイツ・コッペル社製で、和歌山県の有田鉄道から東武鉄道が譲り受けたものだそうです。

元々はときわ台駅前で展示していて、今は城北交通公園のシンボルとなっています。

少し歩くと交通資料館が見えてきます。

交通資料館には蒸気機関車の模型、Nゲージの新幹線や電車、昔の蒸気機関車の写真などが展示してあります。

館内中央のジオラマではHOゲージの模型電車が走っていて、鉄道好きには楽しめそうです。

通称「デゴイチ」と呼ばれているD51-513型蒸気機関車。

製作車両数1116両のうちの1車両だそうです。

主に貨物輸送のための機関車で、昭和47年に山形県酒田機関区を最後に廃車となり城北交通公園に来ました。

車内に入って運転席や客席にも座れます。

公園の中に城北野球場があります。

人工芝で2面(対面式)あり、照明設備も付いているのでナイター利用もできます。(有料)

少年野球や草野球でよく使われています。

こちらの野球場、東京ドームグループが管理しているそうです。

城北野球場の詳細はこちら

春はお花見スポットにもなります。

子供向けの遊び場。

あまり他で見ない感じの珍しい遊具もあります。

地震に備えて住民の飲み水を確保するために作られたそうです。

地下に常時1,500㎥の新鮮な水が用意されていて、いざという時に都民の大切な飲み水として使用されるそうです。

また地震により火災が発生した場合の、消防用水としても活用されます。


区立公園としては敷地が広く、乗物の展示や珍しい遊具があるので、子供は1日楽しめる公園だと思います。

城北交通公園
東京都板橋区坂下2-19-1
電話:03-3969-9422

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward