9:30~18:00
水曜日(年末年始・夏期休暇有り)

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

blog
2021年01月28日
ブログ

小竹向原「カフェねねね」

板橋区向原3丁目の高台にある カフェ ねねねさん。

障害者支援施設「サポートハウス ココロネ板橋」の施設内1階にあって、就労支援B型事業として2020年11月にオープンしたカフェです。

近所の住民の方や、ココロネ板橋に通う人、勤務している人の憩いの場となっています。

場所は東京メトロ有楽町線・副都心線「小竹向原駅」3番出口から徒歩8分、「千川駅」1番出口から徒歩11分です。

カフェは敷地内の奥の方にあります。

『ねねね』ってかわいらしい店名ですね。

ココロネの「ネ」から取ったそうです。

広い空間に間隔を空けてテーブルが配置してあります。

ベビーカーや車椅子も入りやすいです。

大きい窓があって開放感があり、外の景色を眺めながらゆっくりくつろげそう。

調理スペースも大きくて清潔感があります。

カフェねねねのランチメニュー

食事はスープとおにぎりのセットが3種類あります。

それとは別にドリンクとスイーツ。

カフェねねねのランチを食べてみました

おにぎり2個、ビーフシチュー、サラダ、佃煮2種のセット。

おにぎりは注文時に白米玄米(酵素玄米)を選べて、1個ずつも選べます。

具は入っていないシンプルなおにぎりは久しぶりに食べましたが、お米自体の味がしっかり味わえてとてもおいしい!

ゴロッとした煮込まれた肉と野菜が入っているビーフシチュー。

優しい味付けになっていて、子供から大人まで食べやすい感じでした。

食後にスイーツとドリンクを注文。

りんごジュースは、山形県の果樹園産で無添加・砂糖不使用なんだそうです。

ほんのりレモンが香るベイクドチーズケーキで、底にしきつめたサクサクの生地がアクセント。

植物性の素材にこだわって毎日焼き上げています。

持ち帰りもできるそうです。

奈良県奈良市にある「あさひや」さんが、親子で安心して美味しく飲めるお茶を作りたくてできた茶葉。

無農薬、自然農法で、カラダにやさしい暮らしにむいたお茶です。

カフェねねねでは「心を持って地域に根ざす」というコンセプトを元に、発達障害を持つ利用者さんと専門のスタッフさんが一緒に働いています。

今回もとても丁寧な接客をしていただきました。


料理に使われている野菜は板橋区蓮根のハスネファームさんから仕入れていて、可能な限り植物性の素材にこだわっているそうです。

体に優しいランチが食べられて、ほっと一息つけるおすすめなカフェです。

カフェ ねねね
東京都板橋区向原3-7-9 ココロネ板橋1階
営業時間 11:30~15:00
電話  03-5964-5477
定休日:土・日・祝日
Instagramはこちら
Facebookはこちら

※記事は掲載時の内容ですので、その後変更されている場合もあります。

この記事を書いた人
山口 輝成 ヤマグチ キセイ
山口 輝成
板橋区で生まれ育ち、愛着があるこの街で不動産会社を設立しました。 「理想の住まいを見つけるには信頼できる不動産会社に出会う事」 その信頼に応える為、お客様へ最適な物件情報、住まいの役立つ知識を、真心込めてご提供致します。
store

板橋区大山にあるオレンジの不動産屋アメニシティの日常

株式会社アメニシティ
label

タグ一覧

arrow_upward